ここで豊かなライフスタイルを提供し、ここから豊かなライフスタイルを提供する。すべては、ここで生まれた事を「ラッキーな出来事」にするために、港町「気仙沼」から生まれたシアトルスタイルのコーヒーショップ・・・。 その名も『アンカーコーヒー』!! そこで働くクルー(スタッフ)から、皆様に色々な情報を発信し、皆様に楽しんでいただけたら良いな~と思っております。

2011年08月22日

さよなら プレミアム店



みなさん、おばんでございます。専務です!



かなり悲しい感じのタイトルですみません。



昨日、市役所から連絡があり、24日の午前9時からいよいよプレミアム店を解体することになったとのことです。



港の真っ赤なコーヒーショップであり、気仙沼唯一のコーヒー焙煎工房でもあったプレミアム店。



2008年5月27日、弊社コーヒーショップ事業部5つ目の店舗として誕生したプレミアム店でしたが、2011年3月11日の東日本大震災の津波によって2年9ヶ月の短い命を奪われました。





たった2年9ヶ月だったんですねぇ。もっと長い間もっと多くの季節を過ごし、全国からのたくさんのお客様に愛していただいたと思っていましたが、たったそれだけだったんですね。





僕がこういうのもなんですが、プレミアムなんだか可愛そうですねぇ。もっともっと多くの季節を経験し、もっともっと多くのお客様に出会い、もっともっと素敵で力のあるコーヒーショップに成れただろうに、なんでこんな姿になってしまったのだろうかと、思わざるを得ない感じです。





はじめての焙煎工房ができた時は本当に嬉しかったし、自社で焙煎できることになれた事が嬉しかったし、今後の展開にも心が躍ったし、気仙沼からのコーヒーをより多くのより遠くのお客様にお届けしたいという気持ちが強くって、回りに迷惑なくらいやりたいことだらけでした。





まさか、2年9ヶ月後にあんなに大きな津波が僕の留守を知っているかのようにプレミアム店を僕から奪ってしまうとは思いませんでした。本当に人生は何が起こるかわからない。だからこそ人生を楽しむことができ、今日という日を後悔しないように生きていかなければならないんだなぁっと、心底感じます。本当に。





24日午前9時から解体が始まります。





何もできないけど、見守ってあげたいと思っています。



その様子もこのブログで報告しますね。シェアさせてください。





次の店舗にはこんな突然の死が訪れないようにしたいと思います。とりあえず、本社機能を持った店舗に限っては、「コーヒー焙煎」とか「製菓」という他の店舗の生命線をしっかりと守り続けられるような場所に建ててあげたい。子供(支店)をしっかりと守ってあげられる親(本社)であって欲しいと思います。そうしてあげるのが、経営者の役目のような気がします。






場所がなかなか見つかりませんが、それも僕がわざと望んだ難しさなので、責任をしっかりと果たしたいと思います。






っというのも、我がコーヒー事業部の市外3店舗は幸運にも生き残りました。でも、市内には1つの店舗で家族を養い、1つの店舗が家族そのもののような店舗・商店が多数ありました。そして、今回の震災でその「1つの店舗」を失い、家族の生きる糧を失った多くの方がいました。私達は幸運にも、深く傷を負い、不自由な状況ではありますが、3店舗が生き残り、コーヒー事業部の他にも事業を行っていて、働いてくれるみんなも幸運なことに家族も無事な状態です。家を失えど、希望は失っていません。そういう意味で、我々が今、市内で行われている空き店舗争奪戦に乗り込んで、他の被災者の人達の頭を抑えてまで自分達を上にさせようとは思えませんでした。





けれども、それもどうやら一巡したようです。知り合いの中で跡継ぎがいるような店舗ややる気のある人達には店舗が行き渡ったようです。





そろそろ、本気で探し始めようと思っています。そろそろ本格的にやりたい事をやりたいように、始めたいと想います。本当にたくさんのアイディアがフツフツと震災のパワーに触発されたように噴出しています。事業欲をうまく放出しはじめます。






では、24日9時からのプレミアムの解体、もしこれる方がいればどうぞご一緒してください。感謝します。





















ミュージックセキュリティーズ
被災地応援ファンド セキュリテ
http://oen.securite.jp/
引き続き募集中です!ゴール目前です!












Posted by アンカーコーヒー スタッフ at 21:23│Comments(3)
この記事へのコメント
とうとうこの日が来てしまい
ましたね。
在りし日のプレミアム店の写真を
見ると色々思い出して胸がいっぱいに
なります。
居心地の良かったソファー席、
下から聞こえるクルーさんの
元気な声、温かい気仙沼チャウダー、焙煎室からの豆の薫り。
そして美味しいコーヒー。
全てが人生の大切な1ページでした。
24日仕事の合間を見て行けたらと
思います。
Posted by でらぽん at 2011年08月22日 22:00
ほんと淋しいですねぇ。
赤がはえるとても素敵なお店でした。

きれいなオレンジの焙煎機もガラス越しに見えて、コーヒーのいい香りが漂っていました。

明るく元気なスタッフに煎れていただくコーヒーや気仙沼チャウダー、程よい甘さのドーナツを居心地のいい2階で頂くのは至福の時間でした。

学生さん達の青春の一ページにも加わっていたはずです。

沢山の幸せを私たちに与えてくれたプレミアム店に心から感謝します。

本当にありがとうございました。

天国で営業して下さい。
Posted by 宮猿 at 2011年08月23日 15:19
偶然、20日の日曜日に、ヌマフェスに参加した帰りに、被災したプレミアム店を目に焼き付けてきました。
震災後、初めての気仙沼入りだったので、想像を遥かに超えた被害を目の当たりにして、言葉を失いました。
私が高校まで住んでいた塩見町は、津波被害を受けたまま。
復興には、まだまだ時間がかかるなと思いました。
プレミアム店の姿が見えなくなるのは残念ですが、これも復興へ向かって進んでいる証ですね。
実は、実際にプレミアム店を目にしたのは、初めてプレミアム店に行った昨年の12月と今回の2回だけなんですよね。(^_^;)
今度、新しくできた時は、もっともっと行きたいと思います。
新しいアンカーコーヒーを楽しみにしてますね。(#^.^#)
Posted by 楽天遊 at 2011年08月23日 22:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さよなら プレミアム店
    コメント(3)